new balance uk 個人輸入 ※超美品※ ★超人気新品★ 爆裂大安売りニューバランス(new balance)

new balance uk 個人輸入

どんな学校が家族を高めるために行うことができます何をどのように学校で教えるべきに関する議論の怒りが、何しばしば議論から取り残されていると、何ができるかの学校の重要な因子であり、特にの質問に関連する家族のために行う必要があります:1。 2、親はもっと彼らの子供の教育に関与しており、取得する方法。 一日に子供たちを助ける基本原則、価値観や家族のスキルを教え、組み込む方法を自分自身の正常な家族を持っている。ほとんどは、我々の教育機関には、アカデミックスキルを教え、知的情報を付与することに加えて、社会的な原則を教え、実践的なライフスキルを付与する責任があることを同意するだろう。1:この2番目のカテゴリーで最も重要な要素に低減することができる。 個人の価値観やキャラクター、2。 子育てや家族の優先順位、および3。 ワーク/ライフバランス。3のうち、最初は(多くの地区の任務として、あるいは少なくとも、文字教育のいくつかのフォームを奨励する)大きな注目を受けている。他の二つの(家族/子育てスキルと個人の生活のバランス)のために、我々はまだこれらは、私たちの学校で教えるべきことを任意の主流のコンセンサスを作成していない。 ほとんどその家族や子育てのスキルを想定するように見える、と生活の優先順位は家族や親から学んだことでしょうが、問題はその悪い家族の状況や貧しい人々や存在しない国内のスキルは多くの家族の継続的なサイクルになっています。我々は、ほとんどの怠慢親は子供として無視された知っている。 我々は、過酷な、効果がない、有害な子育ては、同じように予想通り遺伝学など、一世代から別のに流れることを知っている。 そして我々は、犯罪、貧困、薬物乱用や不適切な家族からそう予想通り幹非生産的、noncontributing伝統は社会に非常に高価であることを知っている。これだけで経済的要因は、高校や中学や中学校における価値観や倫理上の家族のスキルと仕事/家族のバランスに必要なコースを制定するための正当化である。 そこに利用可能な倫理や価値観のカリキュラムの幅広い選択がすでにあり、同じことが子育てのスキルと生活のバランスのために開発されるべきである。彼らはそれであるが、中等学校は大人のための同じ主題の夕方のクラスを提供する必要があります。 私たちは、親が親がそれらを教えていなかった、と親が学ぶことを選択することができるものと子供たちは倫理や家族について学んでいるのかリンクするスキルを習得するための時間後に(と公立学校の教師)学校の建物を使用する必要があります。これはまた、教師のためのいくつかの多くの必要な余分な収入を提供することができます。我々は公立学校の教師(およびそれらの不足)にある間、そして、それは知識や自然教育能力、特に退職者のフィールドを持つ人は、に雇われる可能性がそれによって別の認証のための引当金を開発するための前向きな一歩となる それぞれの専門分野の中で中等学校で教える。親はもっと子供の教育に関与得ることの要因についてはどうですか?開始する場所の一つは、民間とチャーター学校はしばしば高いテストの点数と少ないお金でより多くの結果を達成し、はるかに関与公立学校が行うよりも、親を取得するには管理している承認である。調査に、両親率プライベートチャーター学校は シンプル、 親しみやすい、 より多くの自律、 より少ない制約と 自分の目標に明確に。それでは、どのように我々は、より多くのチャーターおよび私立学校を取得し、それらをより手頃な価格で提供するとより多くの彼らのような公立学校を作るのですか?I(リチャード)は、初等中等学校のためにロナルド·レーガン大統領の大統領諮問委員会で2年間務め、私はこれまで私たちのパネルの前に来ただけで本当に劇的と先見の明のあるアイデアは、学校選択やバウチャー制度のことだったことを伝えることができます。公教育バウチャーは、生徒1人当たりの支出と教師の給与の増加を提供するクラスのサイズを小さくし、両親側のはるかに大きな関心と関与を生成することができ、適切に考案、慎重に実施しました。バウチャー制度は、基本的に学生とその両親自由市場の力によってシステム全体を駆動する 有料顧客を作るだろう。学生ではなく、学校バウチャーアプローチファンド。 そしてそれは、学校が、自律的な創造性と真のニーズや要望に対応します。それはlowincome家族の伝統的に裕福なだけに属している選択肢は、同じ自由の一部を提供します。 そして、最も重要なのは、それが担当して両親を置き、それらに彼らの子供の教育の本当の所有権を与え、有意義な関与と参加にそれらを描画します。もっとチャータースクールと公教育バウチャー制度は、最も保守的な政治的プラットフォームの重要な板であり、現在の共和党の大統領候補者のすべてによって支持されています。皮肉なことに、超保守ユタ州は、通常自由市場ソリューションに描かれますが、一見教師組合のプロパガンダのなすがままに、バウチャー制度と親の学校選択の提案を拒否し続けています。おそらく、自分自身を変換するための最良の方法は、その教育の選択が唯一の私たちの学校では改善されません実現することである、それは、確かに提供されるであろう追加のキャラクターと人生/家族バランスカリキュラムを介してだけでなく、私たちの家族や子供たちの家族を強化していきます。Eyres '3の最新の書籍は、 資格の罠、 5スピリチュアルソリューションと 三詐欺師である。 リチャードとリンダは ニューヨークタイムズNoです。
超人気新品爆裂大安売りニューバランス(new balance)